文化祭が終わったと思ったら
秋の懐石料理 クリスマス料理 炉開きが やって参りました。
まさに師走
IMG_6277_R

秋の懐石料理では 松茸を頂きました。 土瓶を開けたときに香る松茸の香りが贅沢です。
IMG_6276_R
IMG_6279_R

 秋の懐石は 夏にくらべて材料が多く、彩りが鮮やかで季節を感じます。
IMG_6325_R

IMG_6320_R

クリスマス料理では ローストチキンを作りました。お腹にごはんを詰める作業が楽しかったです。
IMG_6322_R

トマト たっぷりのスープ リコピンが豊富で 肌に嬉しい一品です。

IMG_6317_R

カナッペには卵 キャビア トマト ピクルスを乗せました 
IMG_6316_R

 リンゴのシュトゥルーデルでは、生地を長く伸ばすため、4人で生地を引っ張りあいました。
 なかなか技術がいる作業でしたが、出来上がりを食べると美味しかったです。



IMG_6309_R

つづいては炉開きです。 炉開きでは 濃茶を頂きました。先生のお点前を拝見でき 料理もいただくことができて、とても贅沢な一日でした。


12月6日 

今日は朝のミーティングに、宮古のバームクーヘンを頂きました。
P1030576_R


デザインも可愛く、美味しくいただきました。

午後の 茶道の授業では 珍客が外に現れました。
P1030577_R

サギです 
P1030578_R

 餌をとるときに おしりを振る姿が面白かったです。最後には 学院の門から 去っていき、堂々とした
サギでした。


今日は朝のミーティングに、宮古のバームクーヘンを頂きました。
P1030576_R


デザインも可愛く、美味しくいただきました。

午後の 茶道の授業では 珍客が外に現れました。
P1030577_R

サギです 
P1030578_R

 餌をとるときに おしりを振る姿が面白かったです。最後には 学院の門から 去っていき、堂々とした
サギでした。

約一か月ぶりのブログ更新です。


11月25、26日に文化祭を開催しました。
この一か月、23期4人で、先生方のお力もいただきながら準備に励んできました^^

文化祭の一週間前には地域の幼稚園生、JICAの方々をお迎えしたりとここ最近はとても濃い時間を過ごしてきたなあと感じますし、私たちにとってとても刺激的なものでした。
幼稚園生、JICAの方々にとっても思い出に残るものになっていれば嬉しく思います。


文化祭では先生方、卒業生、地域の方々や家族、多くの方にお越しいただきました。

ディズニーの悪役たちの晩餐会をテーマにした今回のテーブルコーディネイトではテーブルや空間だけではなく、スクリーンでシルエット映し出したり、キャラクター達が食事をしながら会話をしているようなBGMを流したりと23期それぞれが得意分野をいかし、こだわりをもって準備いたしました。
なので、訪れた方々の反応、感想をお聞きするたび嬉しく、達成感を感じることができました。

お茶席ではみんなで手作りした八つ橋をお菓子にだし、皆さんの「八つ橋ってつくれるの?!」というコメントを多くいただき、その時は少しだけ自慢げな顔になっていたかもしれません・・・(笑)

美術展の部屋では、鶴田先生とHさんの解説付きで大盛況だったように思います^^



最終日には玉城先生、崎山先生、鶴田先生、崎山先生の息子さんをお招きし、毎年恒例の理事長によるコース料理が振舞われました。
テーブルコーディネイトをした部屋で、私たちの考えたメニューを理事長が実際に調理し、食事をするということは私たちにとってなによりのご褒美となりました^^
こだわりのある強シェフは納得いってないようでしたが、とても楽しく、美味しいディナーでした♪



長い道のりのようだった文化祭も終わってしまえばあっという間で、昨日の跡片付けで元通りになっていく教室を見ていると寂しさがありました。
今日は今日で登校し、教室に入ると「こんな静かな部屋だったけ?」と違和感さえ覚えました。

きっと時間を過ごす中でそういった気持ちも薄れていくのだと思いますが、文化祭を通し得たものは多く、それぞれが感じたことは忘れずに卒業まで、卒業してからもどこかで生かしていきたいです。
また、先生方、卒業生、ご来場いただいたみなさんからの言葉が励みになりました。卒業するころにはもっと成長した姿をお見せできるようこれからの時間を過ごしていきたいと思います。


今回の西大学院文化祭を皆さまが楽しんでいただけたのなら嬉しく思います。
皆さまありがとうございました^^


P1030493_R

P1030495_R

P1030496_R

P1030502_R

P1030505_R

P1030519_R

P1030531_R

P1030539_R

P1030546_R








↑このページのトップヘ